八戸海保の巡視船から撮影した海面に漂っている大量のイワシの死骸=12日正午ごろ(八戸海保提供)
浮遊していたイワシの死骸。全長約20センチ(八戸海保提供)

 八戸海上保安部によると、12日午前7時45分ごろ、青森県東通村の尻屋崎から南東へ約46キロの海域に大量のイワシの死骸とイワシから出たとみられる魚油が浮いているのを哨戒活動中の海上自衛隊の航空機が確認した。原因は不明。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。