防護服に身を包み、待機場所から交代要員として現場へ向かう県職員=12日午後6時5分、三戸町
消毒ポイントで飼料運搬車を消毒する県職員=12日午後4時26分、南部町相内
高病原性鳥インフルエンザの発生を受け、「衛生管理徹底を」と呼び掛ける三村知事(中)=12日午前11時すぎ、県庁

 青森県は12日、高病原性鳥インフルエンザが発生した三戸町の養鶏場で、飼育されている全約7千羽の殺処分を始めた。同養鶏場から半径10キロ以内にある農場からの鳥や卵の移動、搬出制限もかけた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。