小雨の中、青森市中心部を歩く「青森レインボーパレード」の参加者

 レズビアンやゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーら性的少数者への理解と権利擁護を求める「青森レインボーパレード」が11日、青森市中心部で行われた。パレードの発起人で、9月に亡くなった宇佐美翔子さんを慕う当事者やサポーターら75人が全国から集結。「故郷(ふるさと)を帰ってこられる街に」との思いで声を上げ続けた宇佐美さんの言葉を胸に、小雨の中、多様な性の在り方を求める歩みを進めた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。