弘前大学公認の麻雀サークル「天和」の1~2年生部員。この日は5カ月ぶりの活動となった=11月26日、弘大大学会館(提供写真)

 弘前大学には学校公認のマージャン(麻雀)サークルがある。11月26日、新型コロナウイルスの影響で中断していた活動を5カ月ぶりに再開した。とかく麻雀にはギャンブルのイメージが付きまとうが、部員たちがお金を賭けることは一切ない。「点数を競う知的ゲーム」「仲間とのコミュニケーションツール(道具)」と爽やかに語る。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。