青森県議会は9日、米軍三沢基地F16戦闘機による燃料タンク投棄事案の再発防止を求めるとともに、無断での飛行再開に抗議する決議案を自民党、立憲民主党など全6会派の連名で発議し、全会一致で可決した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から