原子力関連施設を含めた企業誘致検討の背景を説明する冨岡村長=8日午後、風間浦村役場

 原子力関連施設を含む企業誘致構想を明らかにした冨岡宏風間浦村長は8日、青森県内立地自治体との競合を避けるため、使用済み核燃料中間貯蔵施設など県内立地施設を検討対象から除外する意向を示した。村役場で報道各社の取材に答えた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から