オンラインで受賞記念講演をする真鍋淑郎・米プリンストン大上席研究員(ノーベル財団のホームページから)

 今年のノーベル物理学賞に輝いた真鍋淑郎米プリンストン大上席研究員(90)が8日、オンラインで受賞記念講演をした。地球温暖化は世界の水循環にも大きな影響を与えるとして「干ばつや洪水の頻度が増え、水資源の豊かな地域と乏しい地域の格差を広げる」と問題の深刻さを指摘した。

 真鍋さんは「地球の気候の物理モデリング」をテーマに講演。「温暖化は私が研究者人生を通じて探究してきた。話ができるのはうれしい」と切り出した。

 記念講演は「ノーベルウイーク」の主要行事。例年は授賞式があるスウェーデンで開催するが、新型コロナウイルスの影響で事前の録画をオンラインで公開した。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む