航空自衛隊三沢基地所属のF35A最新鋭ステルス戦闘機1機が8日、飛行訓練中に不具合が発生し、函館空港に緊急着陸した。空自は三沢基地のF35A全機の飛行訓練を見合わせるとともに、整備士をヘリで函館空港に派遣して状況を調査している。同空港の運用終了時間である午後8時半までに離陸できず、三沢基地への帰還は9日以降になる見通し。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。