青森県五所川原市の佐々木孝昌市長は8日、政府が新型コロナウイルスの経済対策として18歳以下の子どもに配る10万円相当の給付について、全額現金での年内支給を目指す方針を示した。政府は現金5万円とクーポン5万円分に分けた給付を基本としているが、クーポンの事務作業に時間がかかるため、現金一括が効率的と判断した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。