セーフコミュニティについてそれぞれが調べた成果を報告する生徒たち

 青森県十和田市の三本木農業恵拓高校(遠藤剛校長)の普通科1年生70人は本年度、「地域のセーフコミュニティ」をテーマに安心安全に過ごせる地域づくりについて調べ、実践する取り組みをしてきた。2日、同校で報告会を開き、それぞれの成果を発表した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から