村議会一般質問の答弁で、原子力関連を含めた施設の誘致を検討すると表明した冨岡村長=7日午後、風間浦村議会議場

 青森県風間浦村に原子力関連施設を含む企業誘致構想があることが7日分かった。冨岡宏村長が同日の定例村議会一般質問で、誘致検討に向け調査を進めると表明した。施設の具体名には言及しなかった。村は誘致で得られる交付金や税収を災害復旧、役場庁舎移転などの財源に充てる考え。ただ、原発から出る高レベル放射性廃棄物の最終処分場の誘致は検討から除外するとした。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。