在宅介護を利用する高齢者(左から3人目)の買い物に同行する「みんなの架け橋」のスタッフ=11月、青森市

 青森県内の訪問介護事業所が人手不足に悩まされている。高齢者宅を回るホームヘルパーは、相手の多様なニーズに対応するなど、経験とスキルが求められる。移動の負担もあり、人手不足の介護職の中でも特になり手が少ない。閉鎖する事業所も出ている。関係者は「高齢者が住み慣れた自宅で暮らせるよう支援する訪問介護の役割は重要」と、報酬の上乗せなどより踏み込んだ人材確保策を提案する。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。