一般質問で答弁する相川町長
コロナ対策のため1席ずつ間隔を空けた傍聴席は、町民らで満席となった=7日

 青森県鶴田町が旧富士見小学校跡地を医療廃棄物中間処理施設として活用する業者に売却することを決めたことに町民が反発している問題で、相川正光町長は7日、売却先のアスクゲート(本社札幌市)に売買契約の解除を申し入れる意向を示した。ただ、跡地売却の本契約は締結済みのため、交渉は難航が予想される。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から