子どもたちの欲しい物が書かれたオーナメントが飾られているこどもはっちの「プレゼントの木」。木の周囲には匿名の贈り主から届いたたくさんのプレゼントが並んでいる

 青森県八戸市の子育て支援施設「こどもはっち」は、コロナ禍の影響を受けるなどさまざまな事情でクリスマスプレゼントをもらえない子どもたちに、匿名で贈り物をする企画「プレゼントの木」への協力を呼び掛けている。スタッフは「受け取る側も贈る側も明るい気持ちになってほしい」と、17日までプレゼントの贈り主を募集している。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から