自民党の和田寛司県議(58)=三戸郡区選出、青森県五戸町在住=が来年夏の参院選比例代表に、同党公認候補で出馬する可能性が浮上していることが6日、明らかになった。和田氏は同日午後、東京・永田町の自民党本部で複数の党選対幹部と面談。関係者によると、まだ流動的な要素はあるものの、自民党は面談の結果などを踏まえ、第2次公認候補予定者を発表する見通し。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から