契約更改交渉を終え、色紙を手にする西武・外崎=5日、埼玉県所沢市(代表撮影)

 西武の外崎修汰内野手(青森県弘前市出身、弘前実-富士大出)が5日、埼玉県所沢市の球団事務所で契約更改交渉に臨み、2600万円減の年俸1億400万円で更改した。4月に死球で左脚を骨折し、73試合で打率2割2分、5本塁打、19打点に終わった。「一からレギュラーを取り返す意識で取り組む」と話した。(共同、金額は推定)

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から