F16戦闘機の整備を行う米軍関係者ら=4日午後4時半ごろ、青森市の青森空港

 米軍三沢基地のF16戦闘機が燃料タンク2個を青森県深浦町内に投棄した問題で、先月30日夜、青森空港に緊急着陸した機体は4日もエプロン(駐機場)から移動することなく、米軍関係者による整備が続けられた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から