青森銀行のコンサルティング会社・あおもり創生パートナーズは4日までに、副業・兼業による外部人材の活用に関して県内企業に聞いたアンケート結果を公表した。回答した企業のうち約3割が活用に前向きだったが、労働時間や給与などの管理が導入の課題となっている実態が明らかになった。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。