健康、長寿をテーマに対談する中路特任教授(左)とミサオさん=中泊町総合文化センター・パルナス

 笹餅(ささもち)作り名人として94歳の現在も活躍している五所川原市金木町の桑田ミサオさんと、弘前市岩木地区の健康増進プロジェクトリーダーを務める弘前大学特任教授の中路重之さんが、青森県の短命県返上と長寿をテーマに対談した。中路さんが「健康の意識付けは小中学校時の教育から」と訴えると、ミサオさんも「幼少期の教えを今も実践している」と述べ、健康的な生活習慣を身に付ける大切さを説いた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から