ワン・グローカルが販売するジュースやネクター。希少品種の県産リンゴや桃を使っている
発売したジュースなどを手にする鎌田社長(右から3人目)、柏木副知事(同4人目)ら

 東京に本社を置く企業「ONE・GLOCAL(ワン・グローカル)」(鎌田由美子社長)が、希少品種の青森県産リンゴや桃を使った5種類のジュースを発売した。原料の仕入れや加工は県内の企業や果樹園が協力。3日、鎌田社長らが県庁を訪れ、柏木司副知事に商品を披露した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。