米軍機の飛行再開を受け、岸防衛相(右)に対応を申し入れる三村知事=3日午後3時27分、防衛省

 米軍三沢基地のF16戦闘機が燃料タンク2個を青森県深浦町内へ投棄した問題で、岸信夫防衛相は3日、同型機の飛行中止を要請した翌日に米軍側が飛行再開したことに対し、「極めて遺憾」と述べた。リッキー・ラップ在日米軍司令官に説明を求めたとした一方、飛行中止の再要請には言及しなかった。三村申吾知事は岸防衛相との会談で「築かれてきた米軍との関係が大きく崩れかねない」と述べ、再開に抗議の意思を示した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。