百石町漁協所属の漁船上でホッキガイを選別する乗組員たち=3日午前7時半ごろ

 青森県三沢市からおいらせ町にかけての太平洋沿岸で3日、ホッキガイ漁が始まった。解禁日の1日と2日は悪天候で操業を取りやめたため、三沢市漁協と百石町漁協(同町)はこの日が今季初水揚げとなった。ただ八戸市の八戸みなと、市川の2漁協は貨物船座礁に伴う重油流出の影響が残り、月内は休漁する。関係者は「重油の不安がなくなってほしい」と願っていた。漁期は3月末まで。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。