清野さんが制作した能面
谷地頭神社で、清野さん制作の舞楽面を着けて奉納舞を披露する権禰宜=9月24日

 青森県藤崎町出身で三沢市在住の元中学社会科教諭・清野正雄さん(84)は、能面作りに没頭している。定年退職後に始め、二十数年余りで437の面を制作した。「何年やっても満足できる面を打つことはできない」と日々、根気のいる作業を続けている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。