冬型の気圧配置の影響で雪が舞う市街地=2日午前10時45分ごろ、青森市新町2丁目

 冬型の気圧配置となった青森県内は2日、厳しい冷え込みとなり各地は強風や断続的な雪に見舞われた。青森地方気象台によると、各地の最低気温は、十和田市休屋氷点下3.1度、平川市碇ケ関同2.0度、六ケ所同1.9度、弘前同1.4度、黒石と今別同1.3度など、23観測地点のうち15地点で今季最低を記録した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。