プロ野球の各球団が来季も契約する権利を持つ保留選手名簿と名簿から外れた自由契約選手が2日、公示された。巨人の陽岱鋼や楽天の牧田と藤田、ソフトバンクの川島らが自由契約となった。

 外国人選手では、2年連続最多セーブに輝いた阪神のスアレス、オリックスのパ・リーグ優勝に貢献したヒギンス、モヤ、ジョーンズらが名簿から外れた。スアレスは米大リーグ、パドレスが1日に獲得を発表した。

 ポスティングシステムを利用して米大リーグ移籍を目指す鈴木誠は、移籍が成立するまで広島に保留権があるため名簿に記載されている。

(共同通信社)