奨励賞を受賞し笑顔を見せる八戸高等支援学校2年生チームと学校関係者ら
八戸高等支援学校の生徒が考案したスープ「Zuppaで んメドーッ!!」(同校提供)

 八戸高等支援学校(青森県八戸市)産業科の2年生3人が、フリーズドライスープのアイデアを競う高校生対象のコンテスト「スマイル“フード”プロジェクトin東北2021」(東洋水産主催)で奨励賞を受賞した。主催者によると、2015年から始まった同コンテストで、特別支援学校が応募し入賞するのは今回が初めて。地元食材の「糠塚きゅうり」などを使った魚介類のスープ「ブイヤベース」風のせんべい汁という斬新なアイデアが評価され、生徒や関係者は喜びに沸いている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から