相川町長(左)から表彰を受けた名付け親の千葉君(中)と公美さん
親鳥と一緒のケージで元気に育っているタンちゃん(左)(鶴田町提供)

 昨年6月に青森県鶴田町の丹頂鶴自然公園で生まれた雌のタンチョウのひなの名前が「タンちゃん」に決まった。町はこのほど、名付け親の千葉楓太君(10)=鶴田小5年=を表彰。千葉君は「いくつか候補を考えたけど『ちゃん』をつければかわいいなと思った」と喜びを語った。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から