信用調査会社・帝国データバンク青森支店は1日、県内企業の後継者の有無に関する今年の調査結果を発表した。実態について分析可能な2190社のうち、後継者が不在の企業は1309社。不在率は前年比1.1ポイント減の59.8%で、わずかながら5年ぶりに改善した。同支店は、高齢の経営者が後継者問題に積極的に取り組んだことなどが要因とみている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から