中間育成棟からトラックの水槽へ移されるマゾイの稚魚=階上町の県栽培漁業振興協会
マゾイの稚魚

 青森県階上町の県栽培漁業振興協会(木浪昭代表理事)は1日、マゾイ(標準和名キツネメバル)の稚魚の本年度最後の出荷を行った。本年度の出荷実績は合わせて約4万8500匹で近年で最多。回遊魚の不漁や燃料高などを背景に引き合いが増えたという。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から