雰囲気のある石炭ストーブの暖かさに笑みがこぼれる観光客ら=1日、津軽鉄道
車掌がストーブに石炭をくべると、車内にぬくもりが広がった=1日、津軽鉄道
レトロな雰囲気の「ストーブ列車」を堪能する観光客ら=1日、津軽鉄道

 青森県五所川原市と中泊町を結ぶ津軽鉄道で1日、冬の風物詩「ストーブ列車」の運行が始まった。寒さ厳しい津軽平野をひた走る列車の中で、だるまストーブが乗客の心と体を温めている。運行は来年3月31日まで。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。