米価の大幅下落を受け、青森県蓬田村は30日、村内の稲作農家に対し、主食用米の作付面積10アール当たり5800円を交付することを明らかにした。同日の村議会臨時会で、関連経費2842万円を盛り込んだ2021年度一般会計補正予算案を可決した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から