昨年販売された三沢ほっき丼の例。店によってメニューが異なり、多彩な味を楽しめる(市提供)
「頑張ろう」と気勢を上げる参加店の関係者

 青森県三沢市沖で冬の味覚・ホッキガイ漁が12月1日から始まるのを前に、「三沢ほっき丼」を提供する市内飲食店関係者らが11月30日、市役所で決起集会を開いた。漁期に合わせ、食べ比べを楽しめるご当地グルメイベントで、14年目の今冬は23店舗が12月3日から来年3月末まで販売する。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。