十和田市現代美術館の常設展示の新作「建物-ブエノスアイレス」。床面に横たわる人たちが、ミラーシートには壁の窓枠などにしがみついているように映る

 十和田市現代美術館が本年度、常設展示の入れ替えに伴い増築した展示室と、内部に設営した体験型の常設展示作品「建物-ブエノスアイレス」が完成し、30日、報道陣向けに披露された。12月1日から一般公開され、鑑賞者が作品内の壁に自由なポーズで張り付く不思議な光景を体験できる。鑑賞には入館料が必要。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。