3種類のドレッシングを持つチーム野openのメンバー
ドレッシングを製造するメンバー

 野辺地町商工会(松山隆志会長)は町名産の「野辺地葉つきこかぶ」など地元食材を使った3種類のドレッシングを開発し、11月23日、同町中央公民館で報道関係者にお披露目した。12月1日から始まる商工会イベントの抽選会の賞品としてデビュー。早ければ年内にも町外の道の駅や町内の施設などで販売を始める予定。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から