青森県板柳町は、2021年産米価下落を受けた町独自の生産者支援対策として、主食用米の作付け農家に10アール当たり5300円を助成する方針を決めた。12月3日開会の定例町議会に、米価下落対策次期作支援金給付事業費約5082万円を盛り込んだ一般会計補正予算案を提出する。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から