大川原棚田米を使ったにぎりずし
大川原棚田米のにぎりずしを味わう出席者たち

 青森県内で唯一、国の「指定棚田地域」に指定されている黒石市大川原地区の「大川原棚田」で、同市のすし米「ムツニシキ」が農薬や肥料を使わずに自然栽培されこのほど、同市袋の「寿司処 美鈴」で試食会が開かれた。出席者11人が食味に優れた米を使ったすしを味わい、「米の甘みとばらつきがいい」と太鼓判を押した。この米は「大川原棚田米」として10月に香港へ輸出しており、12月12日には市産業会館で開く地産地消フェアで販売する。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。