生理用品を無償配布している「ひろさき生活・仕事応援センター」。生理用品は袋に入れて渡されるが、エコバッグの持参を呼び掛けている

 青森県弘前市は29日から、同市のヒロロ3階「ヒロロスクエア」などで生理用品の無償配布を始めた。配布を機に女性たちの困りごとを把握し、必要な支援につなげる狙いがある。提供する生理用品は市内のNPO法人2団体が寄贈したもので、氏名や住所といった個人情報や生活状況を明かさずに受け取ることができる。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から