ハウスの中につるされ、完成を待つ干し柿のカーテン=29日午前、南部町

 青森県南部町で名産の干し柿作りが最盛期を迎えた。農家の軒先や干し場を柿の実でできただいだい色のカーテンが彩り、寒風に揺れながら甘みをじっくりと蓄えている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。