浪岡高校舎内のバドミントン部の活躍を知らせるボードの前で取材に応じる奈良岡浩さん

 県教育委員会が今月決めた県立高校再編の第2期実施計画で、青森市浪岡地区にある浪岡高校が青森西高校と統合し、2029年3月に閉校することが決まった。強豪として名をはせる浪岡高バドミントン部も幕を閉じる。1977年に青森県で行われた「あすなろ国体」でバドミントン競技を開催した浪岡地区。「バドミントンの街」の先行きに気をもむ住民もいるが、監督として浪岡ジュニアクラブを育て上げた奈良岡浩さん(51)は、浪岡のバドの灯は消さない-との決意の下、「ジュニアの指導を続けていく」と力強く語る。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。