第38回県下小・中学生将棋名人戦(おいらせ町将棋まちづくり実行委員会主催、東奥日報社・東奥日報文化財団共催)が28日、おいらせ町みなくる館で開かれた。中学生の部は七木田幸弥さん(青森・佃2)、小学生の部A(2級以上)は岩谷丈君(青森・沖館6)がそれぞれ初優勝を果たした。

 県内各地から中学生8人、小学生29人が参加。5クラスで腕前を競った。

 小学生B(3~6級)は須藤歩己さん(三沢・上久保5)が、同C(7級以下)は丹代芹那さん(青森・浜館1)、同女子は泉谷和花さん(八戸・長者4)が制した。

 昨年は新型コロナの影響で中止したため、2年ぶりの開催となった。

 各クラスの優勝者以外の上位入賞者は次の通り。

 ▽中学生の部 (2)林幸之介(青森・甲田1)(3)柾谷彗(八戸・三条1)林仁子(青森・甲田3)
 ▽小学生の部A (2)川村龍世(八戸・三条4)(3)猪股莉怜宙(おいらせ・木ノ下5)川村遼(青森・堤3)
 ▽同B (2)佐野航汰(八戸・多賀台5)(3)中林清瑠(おいらせ・百石4)佐藤光樹(八戸・西白山台4)
 ▽同C (2)野田桜寿(東北・上北4)(3)菊池悠太(おいらせ・百石2)小田桐夢月(おいらせ・木ノ下3)
 ▽同女子 (2)上野葵衣(おいらせ・百石3)(3)原本千瑛(おいらせ・木内々5)