初めて冬の季節に行われた八戸花火大会。きれいな大輪が夜空を彩った=28日午後6時ごろ、八戸港館鼻岸壁

 青森県八戸市の八戸港館鼻岸壁で28日、今年の八戸花火大会(大会委員会主催)が開かれた。例年は8月開催だが、新型コロナウイルス感染拡大や八戸沖での貨物船座礁事故の影響で延期され、初めて冬の季節に実施。約6千発の大輪がハマの夜空を彩った。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。