金魚ねぷたの明かりのみで運行した列車

 弘南鉄道は27日、弘南線(弘前駅-黒石駅)で、照明を落とし金魚ねぷたの赤い明かりのみで車内を照らす列車を運行した。約350個の金魚ねぷたが乗客の頭上に揺れ、幻想的な雰囲気をつくった。同列車は28日、12月4、5日も運行する。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。