高齢農家らから集荷した農産物などを地域連絡バスから取り出すピュアのスタッフ=4月、中泊町のピュア
移動販売で商品を買い求める下前地区の高齢者ら=4月、中泊町のすくすくしたまえ館

 国が地域活性化の優良事例を選定する本年度の「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」に、中泊町農産物加工販売施設出荷者協議会(田中恵津子会長)が青森県から唯一選ばれた。町特産物直売所「ピュア」の出荷者で組織する同協議会は、買い物弱者支援として移動販売を導入。出荷が困難な高齢農家を対象に農産物の集荷にも取り組んだことが評価された。田中会長は「これからも地域のために力を尽くしたい」と語る。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。