準優勝に輝いた田子高校チームの西野さん(右)と寺沢さん(同校提供)
田子高校チームが調理した「田子イチ推し♡寿司」(同校提供)

 地元食材を生かしたアイデア料理の高校日本一を競う「第10回ご当地!絶品うまいもん甲子園」決勝大会(全国食の甲子園協会主催)が27日、東京・二子玉川で開かれ、東北エリア代表として出場した青森県田子町の田子高校が準優勝に輝いた。生徒2人が町名産のニンニクをメイン食材に考案した押しずしは高く評価され、本年度末に閉校する同校の歴史に大きな足跡を残した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。