三内丸山ユメカモス酵母を使った(左から)カンパーニュ、ゴマ入りロールパン、干しぶどう入りカンパーニュ=青森市のひまわりベーカリー

 青森県内外の有志でつくる「縄文有用微生物プロジェクト」(荒木佳子代表)が、青森市の三内丸山遺跡の土から採取した酵母菌の実用化に成功し、「三内丸山ユメカモス」と名付けた。27日、青森市油川のパン店「ひまわりベーカリー」(鈴木孝司代表)で、同酵母を使ったパンの販売が始まった。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。