サッカー高校年代最高峰の高円宮杯プレミアリーグで、東西両地区の王者が一発勝負で日本一を決める「ファイナル」について、日本サッカー協会は26日、今季の開催を中止すると発表した。新型コロナウイルスの影響でリーグ戦の全日程を消化できない可能性が高くなったため。12月5日に終了予定だったリーグ戦は会期を1週間延長した上で、順位を決定する。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。