来春の経営統合に向け、今月12日に最終契約を結んだ青森銀行とみちのく銀行は26日、両行が設立して傘下に入る共同持ち株会社「プロクレアホールディングス(HD)」の役員候補を発表した。HD設立時の取締役、監査等委員を含めた役員数は青銀側9人、みち銀側5人。経営統合に伴う株式移転比率、基幹システムを含め、「青銀優位」が鮮明となっている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。