青銀記念館で作品の展示作業を行う阿部さん
旧一戸時計店ではアートディレクターの窪田新さんがリンゴ生果を使った作品を準備していた

 リンゴの花から花へ飛び交い授粉を担うマメコバチのように、街を歩いて数々のアートに触れてみよう-。青森県弘前市中心街で27日から、市民参加型展覧会「ヒロサキアーツポリネーション」が始まる。青森銀行記念館や旧一戸時計店、弘南鉄道大鰐線車両など10拠点に、津軽に着想を得た県内外の作家15組の作品を展示する。12月5日まで。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。