「木造高校の学級維持と地域を守る会」(会長・倉光弘昭つがる市長)は26日、青森県庁で県教育委員会に対し、同校の学級数維持への配慮などを要望した。県教委は、県立高再編の第2期実施計画(2023~27年度)初年度の23年度は、同校の学級減を予定していないことなどを説明した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から