2年ぶり16回目の優勝を飾った青森大新体操部のメンバー(同大提供)

 新体操の全日本選手権は26日、群馬県の高崎アリーナで開幕し、男女の団体競技を行った。男子は、前年国士舘大に7連覇をはばまれた青森大が18.875点で2年ぶり16回目の王座に輝いた。9月の全日本学生選手権(インカレ)に続く日本一。青森山田高は、16.350点で6位だった。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。